Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

カナダに来て6年ですが、現在人生迷子中です。

バンクーバーの准看護の学校について主に書いていこうと思っていたのですが、学校がはじめって、すぐ辞めてしまい、まだまだ人生迷子中です。主に日常生活のことを書いていこうと思ってます。

火事

今日は何を書こうかなぁ。。。とパソコンの前でずっとご飯食べつつ考えて、ご飯食べ終わってしまいました(笑)んー何を書こう。。。

 

今日、仕事まで1時間くらい時間があったので、ティムホートンという、カナダでは、大人気のドーナツ屋さん的なところがあるのですが、そこでコーヒーでも買って、本を読むことにしました。ティムホートンはいつもバカみたいに混んでます。日本だったら他にも色々食べるとこありますが、カナダではティムホートンほど、安くて、美味しくて気軽に行けるところはあんまないので、みんなティムホートンに行くんですねぇ。。カナダに来たばっかりの頃はカナダのドーナツが甘すぎて全然好きじゃなかったです。今でもあまり食べないですけど、前よりは慣れてきましたw 日本のスイーツのレベルの高さに比べたら、カナダのスイーツは全然大したことないです(泣)案の定ついて、めっちゃ混んでて、席も空いてなかったので、コーヒーだけ買って、車で本を読んでました。車って本当便利ですよね(笑)その時に、新聞の記事も読んだんですが、私の前住んでいたアボッツフォードという所に、住んでいる、日本人家族が家事にあって、住んでいたベースメントスイートが焼けてしまったそう。。。その家族は、比較的移民したばかりらしく、旦那さんは、アボッツフォードで車の修理屋さんをやっていて、奥さんが自宅で、修理屋さんのペーパーワークをしていたようです。どうやら上に住んでいる家主さんのところから火事が発生したらしく、気づいて、すぐに逃げて、今は地元のホテルに泊まっているみたいです。3日間だけは、ただで泊まれるようになってるみたいですけど、そのあとのことはまだ決まってないみたいです。異国の地に移民して、他に頼る親戚、家族がいないと、万が一の時にすごく不安だろうなと思います。奥さんは、修理屋さんの顧客情報などが入ってるコンピュータとか書類が燃えてしまってるんではないかと心配してるみたいです。子供はまだ7ヶ月か17ヶ月か忘れましたが、小さいですし。。。同じ日本人をして何かの形で助けれればいいのですが。。。私は、家があるわけでもないし、守る家族があるわけでもないし、焼けて困るものといえば携帯くらいです。いつも自然災害で家を失ったとか聞くと、家を買った人はみんなそういう時の保険に入ってるのか疑問です。もし、入ってなくて、とか保険が適用されない場合とかになったら、家まるごと、失って、もう一度立て直しを実費で払うんでしょうか?そんなことになったら、最悪どころじゃないですよね。必ず家を出る前は、ちゃんと火のもとを気をつけないとなと、改めて思いました。家事にあっても、必要な書類が燃えないように、小さい金庫とか買っといた方がいいんでしょうかね。。 私はバックアッププランがなさすぎです。携帯が私の中では重要なものナンバーワンですけど、バックアップとか全然取ってないです(汗)考えさせられる記事でした。

 

お店はそこまで忙しくなかったのですが、なんかすごい疲れました。もう寝ます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村