Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

カナダに来て6年ですが、現在人生迷子中です。

バンクーバーの准看護の学校について主に書いていこうと思っていたのですが、学校がはじめって、すぐ辞めてしまい、まだまだ人生迷子中です。主に日常生活のことを書いていこうと思ってます。

1週間後

学校始まって、1週間です。もう辞めたいです。不安感が消えません。やっぱり人前で英語で、発言したり、発表したりはできないです。。。

ところで、今日はIntegrated Nursing Practice という、実習のあるクラスです。週末にちゃんと予習したので、内容は理解しやすかったです。看護計画の立て方をやりました。看護師が主に、治療するのは、病気とかではなく、症状です。例えば、インフルエンザ。。インフルエンザと断定して、薬を出したり、インフルエンザ自体の治療の指示はお医者さんです。しかし、インフルエンザに伴って起こる、吐き気とか、熱とかは看護婦さんが取り扱う症状になります。看護婦さんはその症状についての看護計画を立てます。問題は何か、それはどうして起こったのか、その症状があるという証拠は何かを考えて、治療方法を決めます。。いつも、治療法は、evidence based practice という考えのもと、全部リサーチとかでこの方法は、有効だという証拠があるものだけを使います。

こういう、ロジックのいる感じがなんか好きでした。クラスで一切てを上げることはなく、ひたすら聞いているだけでしたが楽しかったです。

 

そのあとは、看護師用のユニフォームに着替えて、ベッドメイキングの実習です。カナダの看護師のきる服はスクラブというのですが、日本でのお医者さんのきる手術着に似てます。この学校のスクラブの色は、本当に日本の手術着の色に似ています。これきて実習。まるで看護師さんみたい。ちょっとワクワクしました。ベッドメイキング、色々気をつけるところがあります。ベッドメイキングができる看護師さんは、他もちゃんとしていると、先生が言ってました。本当にそうな気がします。気遣いができて、患者さんを気にかけてる人じゃないと、ベッドメイキングもちゃんとできない気がします。

 

これで授業は終わりでした。でも正直言ってこのプログラムは私には、難しすぎると思います。明日の授業の予習、今日の復習。。。不安すぎて、勉強に全然集中できません。。。。